KamaLog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天壇公園

050911_tendan.jpg

昨日は、北京中心部より南に位置する、世界遺産に指定された天壇公園というところに行ってきました。

天壇は現存する中国で最大の祭祀建造物ということで、とにかく広かったです。
広いと言えば故宮もとてつもなく広かったですが、僕としては天壇の方が、建造物と広場、公園の構成がおもしろく、歩いていて楽しめました。
ここには昔、皇帝が天に祈りを捧げたという、声を出すとこだまが返ってくる丘のような壇上や、回音壁という壁に向かって話した声が180度反対側でもはっきりと聞き取れるという、音がよく反響する円形の壁など、祈りの場というだけあって中国人が好きそうな音モノのしかけがいくつかあって、皆はずかしげもなく大声を出して楽しんでいました。

またメインの通路をはずれた公園内のいたるところで、何の集団かわかりませんが、一人ないし二人の歌い手と二胡の演奏者を中心に、大勢がそれを取り囲むようにして大声をだして讃美歌のようなものを歌っていて、いちいち圧倒さました。

一人でウロウロしていたせいか、6組くらい観光者(中国人)に写真を撮ってとお願いされましたが、撮る時に、
「はいチーズ!」というわけにもいかないので、
ましてや「1たす1は?ニッ!」なんてのはもっての他なので、なんて言うか困りましたが(中国語での言い方を前に聞いたことがあったけど忘れた・・・)、
結局「ワン・トゥー・スリー・はいっ!」とかいって、
日本人のクセに何がワントゥースリーだよ・・・しかも決めは「はいっ!」かよ・・・とか一人で恥ずかしくなりながら、そんな事を6回もやらされました。

その内一組の中年夫婦が、僕が構図を決めながら後ろに下がると、「もっと近く!顔がハッキリわかるように!んもう!」
みたいな事を言って怒り出したので、
「なにをー!撮ってやるのになんで怒られなアカンねん!こちとら人の足が切れて撮るのがきらいなんじゃい!全身が写って後ろの建物もウマく写るように考えってやってんのに!
そんなに顔が見たきゃ、鏡でも見てろっ!ナスっ!」
と、中国語で言えるわけもないので(言えても言わない、言えない)、心の中で思いながら、
「ワン・トゥー・スリー・はいっ!」でパチリでした・・・。
スポンサーサイト

北京へ

050909_kokka.jpg

また北京にやって来ました。
今回は2週間程の滞在予定です。
僕が日本にいる間に北京は猛暑の季節を終え、今はとても過ごしやすい気候です。

今日は天安門近くにある、国家プロジェクトである劇場建築の施工現場を見学してきました。
中国の施工技術で、どこまで細部のクオリティまでこだわった仕上がりになるがわかりませんが、そういうことを抜きにしても、スケール感のあるおもしろい建物になりそうな予感がありました。
素人意見のようですが、その完成形を思い浮かべながら施工現場を見ていると、非常にワクワクするものです。
これが、自分の担当した物件ならどんなに興奮するかと。

しかし、建築を設計するということは優れた空間を創ることも大事ですが、なにより大事なのはいかに安全で水が漏らない建物にするかということで、それに一番の労力を使うわけですから、こう他人の設計をみるように楽観視できないんだろうなとも思います。

まあ、なんにしても建築始めたばかりでなにもかもが未経験なヒヨッコなので、これから待ち受ける試練をひとつひとつ乗り越えて行きたいと思うわけです。
あくまでマイペースに。

とかいうスタンスだといかにも現代っ子っぽくて足元すくわれそうなので、死に物狂いで。できるかぎり。

Top

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。